個人情報を守る|外付けhddでパソコンをもっと安心に活用|復旧もできます

外付けhddでパソコンをもっと安心に活用|復旧もできます

男性

個人情報を守る

男性

パソコンのデータを消去する方法で多くの人が勘違いしていることがあります。それは、デスクトップにある「ゴミ箱」に捨てるだけでデータ消去しているという考えです。実際にゴミ箱に余分なデータ消去することで表面上は消去できます。ですが、データ自体はハードディスクに保存されている状態は変わりません。そのため、ハードディスクからゴミ箱で消去したデータを取り戻すことが可能です。専門の業者への依頼などを行なうことで消去したデータを簡単に取り戻すことができます。このことがあるため、ゴミ箱で個人データを全て消去したからパソコンを第三者に渡しても問題ないと考えて渡してしまうと、渡した相手がハードディスクから個人情報を取得することができます。そうなると自分の情報や、企業の大切な情報が流失してしまうというトラブルが発生します。このトラブルを発生させないためにも、パソコンのデータ消去をしっかり行なえる手段を把握しましょう。

パソコンのデータ消去をしっかり行なえる方法は主に三パターンあります。一つはパソコンのデータ消去ができる専用のソフトウェアを使うことです。専用のソフトウェアを使うことで、ハードディスクにあるデータを意味がないデータに上書きして対策をしてくれます。また、専用のソフトウェアは大半のパソコン店で購入することができます。他にも、専用の装置を使ってハードディスクに磁気を与えてデータ消去を行なう手段があります。この方法を使うことでデータは消去できますが、ハードディスクを使うことができなくなります。最後にハードディスクをパソコンから取り出して個人情報の流失を防ぐ方法もあるのです。このように個人情報を保護する手段はたくさんあります。三つのパターンが上手くいかない場合には、専門の業者へ依頼することでプロの手が問題を解決してくれます。特に企業の場合はデータ削除をしっかり行なわないとセキュリティ事故に繋がってしまうため、業者への依頼も検討すると良いでしょう。